LaCaribenaでイベントあります

またも、ブログを放置してしまいました。前回の投稿から早2ヶ月か…。

さて、今年の夏もキューバから様々なアーティストが来日して、ショーやコンサートが行われますね。
わたしもLOS VAN VAN久しぶりに観に行く予定です!
チケット購入ご希望の方、ご連絡ください。
まだまだ入手可能です。

それでは本題のイベントのお知らせです。
【Dos Sones De Corazones en LaCaribena】
LaCaribena初ライブはなんと、Dos Sones de Corazonesのお二人に決定しました!
キューバ音楽とキューバ料理とラム。真夏の楽園気分をLaCaribenaで満喫してください!!!
日時:8月21日(土)18:30〜
料金:¥2500(ワンドリンク付)
場所:LaCaribena 港区六本木7-3-19バルミー六本木
(※お席の確保はご予約のお客様優先とさせていただきます)
電話:03-6447-0130

カリベーニャのお料理は本場キューバの味。
もちろん、モヒートを始めとするラムカクテルや、キューバ産のラムも。
そして、現地の空間を切り取ったような超本格キューバ音楽があったら、そこはもう六本木ではなくて、キューバのサンティアゴそのまま!
大げさに書いているようだけれど、本当です!

話は変わりますが、今日、新しいDVDが届き仕事中から見ています。
「SUITE CUBA」というドキュメンタリーもの。
台詞も解説もないし、音楽もたまーに流れる程度。
しかし、キューバ(ハバナのみですが)で生活する人のありのままを描いた作品で、見応えがあります。
現在の東京を見ていると、モノと情報が溢れすぎていると感じます。
昨日、今日、感じたわけではありませんが、ある年齢を過ぎた頃からかな。
リーマン時代にランチを買いにいったコンビニで、漠然と、こんなにモノがなくても消費社会は十分成り立つはずなのに…と。
まぁ、当時はメーカーのサイトの構築等していたので、矛盾する考えではありましたがw
そして、キューバへ短期間ですが、滞在した後、東京へ戻ると、夜の街がまぶしく感じたことを思い出しました。

モノや情報があふれていても、大事なものを見失ってしまわないように生きていかなくちゃいけないのと同時に、周囲との関わりでお互いに与え合えるものを大切にしていこうと改めて感じている昨今です。

東京だけでなく、日本だけでもないと思いますが、モノや情報があふれすぎて、それに依存しすぎて生きているとろくなことは無いように思えます。
東京では他人とコミュニケーションをとれる人が少なくなっていて、本当にがっかりすることが多いです。

せめて自分は、自分の周囲は、コミュニケーションをとれる人であれるようでなければと考えています。

現在、レッスンはお休みしておりますが、自分の生活環境や体調が整い次第、再開を検討しています。
レッスンでの人との関わりはしばらく先の話になりそうですが、お休みしている今も志しや姿勢を変えること無く存在していたいです。
[PR]

by noriko.f | 2010-07-09 15:42 | La musica cubana  

<< 後悔していること Son >>