6年経過で7年目

今日気がついたけれど、このブログもう6年以上も経つんだった。
途中、放置期間もあるけれど。
日記を書く習慣が無かったから、記録が残っているということはありがたい。
過去の日記を読んでいると、当時は精一杯で書いているのだけど、当然ながら今の自分から見ると未熟で恥ずかしいなぁと思うことが多い。
でも、何でも継続するっていうことは無駄ではないと思うよ。
と、自分で自分を励ましてみたりする。

つたない文章で、たいした内容でもないことを書いていることが多いけれど、これからも継続してみようっと。

しかし、この6年間でいろんなことがあった。
10代後半よりも人生の転機だった。
年を重ねて、経験を積んだはずなのに、横風に流されることが多かったようだ。
どっしりとしすぎたり、流されすぎたり、極端なのは相変わらず自分の欠点だ。
もがいていても何も変わらないこともあるし、てこの原理の状況があらわれて、すんなり事が運ぶこともある、。
いろんなことの中で学んだことかもしれない。
なるようにしかならないけれど、成せるかどうかは自分次第。
結果は一つだけじゃない。
正解の中にも不正解はあり、不正解の中にも正解はある。
視点を変えれば悪も正義。
もっと柔軟に、もっと図太く。
今まで起こった全てのことがあって、今の自分があるということ。
そして、人生に無駄はなし。
その全てのことに意味がある。

自分の余命は誰しも知らない。
自分はあとどのくらい生きて、その間にどれだけのことができるかわからない。
やりたくないことはやらない。(わがままに生きるという意味じゃなくて)
考えすぎない程度に、よく考えて、後悔しないように生きる。
[PR]

by noriko.f | 2010-08-23 21:46 | つぶやき  

<< 日本舞踊からサルサへ 後悔していること >>