津波

鎌ヶ谷のクラスのある生徒さんが、久しぶりにレッスンに戻ってきてくれました。
年末年始をスリランカで過ごしたそうです。
楽しい時間を過ごせたとのですが、津波により前日まで一緒にいた人や
ツアーコンダクターの方など、周囲のいろんな人が亡くなり、手放しに楽しかったとは言えないとこのこと。

現地のメディアでは遺体も写されるので、ニュースを見るのがつらかったそうです。
もし、その中に知人や友人がいたら…という気持ちだったのでしょう。

人は生まれたときから死に向かって生きています。
しかし、一度に多くの人を失ってしまったら、気持ちが落ち着くまでに時間がかかるのは当然のことと思います。

レッスンを通して、生きていることを感じてほしかったのですが、わたしにはまだまだ力が足りないようです。
精進せねば。
[PR]

by noriko.f | 2005-01-25 02:12 | SALSA  

<< 演奏者 予防接種 >>