永遠

いつも行く家の斜め前にある某居酒屋でこと。
真ちゃんが、「いくつになってもここでこのメンバーで飲めたらいいな」と言っていた。
何も言わなかったけど、それはないなと思っていた。

永遠に続く環境はない。
楽しい時間、好きな人との関係、それは永遠に続くような錯覚があるだけで、
環境は変化し、人は成長したり進化したりする。

塩田先生のクラスに通っていたとき、レッスン後の日曜日の時間が永遠に続いて欲しいとぼんやり考えていたことがあった。
現実的にはそんなことはないのだけど。
好きとか嫌いとかそんな問題じゃなく。
綾子さんは家庭の事情で来れなくなり、ひろみさんが来なくなって、
まゆちゃんが来なくなって、さおりんは浦和クラス、石田さんはCUBAへ行き、
マッキーはエクアドルへ、よりちゃんは小岩クラス。
そして、ほぼメンバーが入れ替わった。
そうやって変化して、進化して、新しくなっていく。

二度と同じ明日は来ないし、明日も明後日も絶対に生きているとは限らない。
だから、日々精一杯でいたい。
明日が来なくても後悔しないように。

あらゆる生命の最後は死。
それを意識していないと、つまらないことを考えて生きる人間になりそうで恐い。
死よりも、後悔しないで精一杯で生きられないことの方が恐い。

福知山線の列車事故で奇跡的に生存していた人のコメントをニュースで見た。
「自分が生きているということを思うと、肉体的・精神的な後遺症はたいしたことではない。これまでの生活が出来なくても現実を受け止めて、亡くなった人の分まで、生きていきたい。」と語っていた。

自分が同じ立場に立ったとき、そう言えるか、本心でそう思えるか、考えてみよう。
[PR]

by noriko.f | 2005-05-02 18:17 | つぶやき  

<< 想い出とアクシデント en 高崎 >>