よくも悪くも…

集団走行参加者が4割減 上半期の暴走族動向

暴走行為の中心メンバーとなる世代の少年達に受け入れられなくなってきたのだろうか。暴走族が減少傾向にあることは平和で喜ばしいことだ。
昭和に不良と呼ばれていた少年達が群れをなして暴走行為をしていたころは、土曜日の夜中に騒音が絶えないときもあった。
平成生まれの不良少年にはウケが悪いのだろうか。

やはり熱くなるということから遠ざかっている世代なのだろうか。
暴走族がいいとか、熱いからとかそういうことではなく、現代の不良は何をしているのかが気になる。

勝手な推測だけど、振り込め詐欺やひったくり、詐欺行為などお金目当ての犯罪が増えているように思えてならない。
暴走行為や暴走族が行う犯罪行為も許し難い。
しかし、推測のようにお金儲けすることだけしか考えない現代の不良行為は悲しすぎる。
決して、暴走族の不良行為を肯定しているのではない。

お金儲けにふけって、身も心も腐っていく、そんな不良行為を犯した少年達は将来更正できるのだろうか。
お金さえあれば何でも手に入る、楽に生きられる、そんな風にしか考えられず、犯罪を繰り返す少年達が多いこと、残念に思う。お金より大切な物、お金で買えない物を知らずに育ったのだろうか。

やはり、音楽や踊りを通して伝えられることを深く、真剣に考えよう。
そして、出来るだけ早く実践していこう。
一人でも多くの人に伝えていこう。
[PR]

by noriko.f | 2005-07-21 01:02 | つぶやき  

<< イベント第一弾終了 甘え >>