気分悪くなった

今、エキサイトブログでいろいろな人のブログをみていたのだけど、
悪意100%の書き込みを見て、気持ち悪くなりました。

同じ職場の人の悪口がつらつらと書いてありました。

年齢のことも書いてあって、その人のことを馬鹿にしてありました。

自分も、若かかりし頃はそうだったかもしれません。
友達に電話でそんなことを愚痴っていたような気がします。

しかし、その人の書き込みを見て、その頃の自分が恥ずかしいなと思いました。
その人も、何年か経ったら、恥ずかしいなと気づいてくれるといいのですが。

人間、誰しも欠点はあり、自分と合わない部分はたくさん持ち合わせているものです。きちんとつき合っていこうと思う相手なら、衝突は避けて通ることができず、注意しなければならないことは、きちんと話さなければならないはずです。
社交辞令のつきあいなら、気に入らないことがあっても流していけばいいのです。若くないという理由で相手を馬鹿にしたり、中傷するような行為は下劣です。年をとらない人間はいないのですから。
それとも、自分はずっと若いままだと、年をとっても老けることはないと勘違いしているのでしょうか。

女性の魅力にもいろいろとあって、若い女性は若さが魅力です。
年をとった女性は、若い女性にはない経験や知識、母性が魅力になります。
そのことをもっと知らなければ、年齢を重ねたときに魅力的な女性になれず、「おばさん」になってしまいます。

「30過ぎているから」などというくだらない理由で、女性を馬鹿にするのは日本人だけでしょう。そういうことこそ、本当の意味でのセクハラです。
[PR]

by noriko.f | 2004-06-30 14:28 | つぶやき  

<< 夕焼け写真-その2- フェンス越しの夕焼け >>