サルサって何?

キューバンサルサのインストラクターをやっているわけですが
「サルサ」って何?と聞かれると説明に気合が入ります。
「え、キューバなの?アメリカじゃないの?」と聞く人もいます。
気持ちはわかりますが、キューバンサルサとN.YやL.Aのサルサは違います。

「サルサ」は何かと聞かれたら、それは音楽のことです。
かいつまんで、大雑把に、簡単にいうと、キューバやプエルトリコなどのカリブ海の国からアメリカへ移住した人たちが作った新しいジャンルの音楽というようなことなのです。でも、ルーツはキューバのソンなのです。
簡単に言ってもわかりにくいですよねぇ。

もともと、キューバのソンという音楽をベースにできたのがサルサなのに
アメリカ生まれのため、キューバへは逆輸入のような形で入ってきました。

N.YサルサやL.Aサルサとキューバンサルサは踊りが違いますが、音楽が違うのです。もちろん、社交ダンスのサルサとも違います。
キューバンサルサはコンガなどのリズムがはっきりとしていて、聞けばすぐにこれはキューバとわかるようなものが多いです。
代表的なアーティストでは「LOS VAN VAN」など。

というようなことを、冒頭のように質問されて答えるのには気合がいるのです。
質問した人も、興味がなければ話を半分しか聞いていないようですし。

ちなみに、サルサの説明、ここではかいつまんで、大雑把にしかしていません。
詳しく知りたい方は参考に「キューバ音楽/青土社」を読んでみることをお勧めします。


お勧めのラテン音楽サイト--

サルサ教室はこちらから

人気blogランキング-よろしくクリックのほどお願い申し上げます-
[PR]

by noriko.f | 2004-07-03 13:14 | CUBAキューバ  

<< 大切なもの 予告編 >>