ブログは自由だ!表現だ!

このブログを始めたときは「小ネタ」とか入れて面白くてクールなブログにしようと思っていました。
でもねぇ、自分の中にないものは表現できませんね。

かっこつけたり、背伸びしても無駄で、自分の中にあるものを素直に表現した方がいいということに気づきました。
面白いことを小気味よい文章で綴ってなどと考えていたけど、毎日面白いことなんて転がっていない。ネタをもっていなければ、もしくは引き出しがなければ成り立たないのだ。

ブログの名前もコロコロ変えましたが、結局一番好きなことをタイトルにしました。

もしも、踊っていなかったら、キューバじゃなかったら、何になっていたのでしょう。
好きなことや物はたくさんあるけれど、ネタにして文章で表現するのはそれなりに大変です。

ここでブログを持っている人たくさんいて、面白い内容だったりきれいな映像を載せている人がたくさんいます。
また見たい、もっと見たいと思わせるブログもたくさんあります。

みんな表現したいんだ、自分を。
日本人は他人と違うことをすると怒られるという理不尽な教育を受けて育った人が多いので、日常生活は人並みを心掛け、自分の中の非日常をブログでさらけ出しているように思える。もちろん、全然そうじゃない人もたくさんいるでしょうが。

自分は踊ったり、演奏したりすることで自分を表現する機会をもっている。
そう言う場として何も持たない人にとってブログのような自由な場所が必要なのかも知れない。

小中学校の図工や美術の時間を思い出す。
書きたくないけど、「運動会の絵を描きなさい」といわれる。別に書きたくないのに表現しないとならない。そして成績を付けられる。とっても憂鬱。
書きたくもない友達の顔、自分の手(私は手が大きいのがコンプレックスだったのでデッサンするために見つめること自体が嫌だった)、作りたくない木彫りの箱、今思えば拷問です。
図工や美術で作品で成績を付けるとするなら、課題くらい自由にして欲しいな。

次女の学校へ行ったときに、彼女の書いた消防車の絵を見てびっくり。
すっごく下手。やる気ないなとすぐにわかった。家では楽しく絵を描いているのに。後で聞いたら、やはり書きたくなかったのだそう。

書きたくもないテーマを突きつけられて、いつまでに仕上げなさい、こうしなさいでは自由に表現など出来るはずがない。仕事じゃないんだからさ。


人気blogランキング-クリックのほどよろしくお願い申し上げます-

サルサ教室はこちらから
[PR]

by noriko.f | 2004-07-15 15:23 | つぶやき  

<< シークレットシューズ 住吉の夕焼け >>