荒川土手でリズムと遊ぶ

G.W中で一番の天気だった6日荒川土手にて大人の遊びを楽しみました。
午後、日差しの厳しい中、買い出しをして土手に集まり楽器をごそごそと露天商の用に並べ、好きな物を持ってリズムに触れるという趣で。

そんなことに慣れている人も、初体験の人も、それぞれの楽しみ方で、リズムに触れ、難色をつかんだり、進歩したり。
それぞれのペースでやったらいいと思います。
その中で何かを感じてくれたらいいのです。

歌も少し歌いました。
ルンバだったり、ソン・モントゥーノだったり。
でたらめでも、なんでもいいから、即興のフレーズで、その時感じたことを自分の言葉とリズムと音で表現したらいいのです。
はちゃめちゃかも知れなかったけど、少し分かって貰えたような感じ。

駆け出しですが、綾瀬クラスのみんなの中に、その懐みたいな物を感じてくれたら成功だなと思います。

人前で何かをする時と違う、緩い感じの楽しみ方わかてくれたかな。

休日の土手は、散歩、ジョギング、球技、土手滑りなど、それぞれの楽しみ方で遊ぶ方がたくさんいました。
そんな中で、ルンバのリズムを刻み、太鼓等の打楽器に没頭する私達は確かに異色だったけど、誰よりも楽しんでいたように感じました。
自分らしく表現することは決して恥ずかしいことではありません。
これからも、こんな機会を設けて、何かをやっていきたいと思います。

協力者の方々もありがとうございました。
綾瀬のギタリストデビューはあまりパットしませんでしたが、本番に期待しましょう。

サルサ教室はこちらから
[PR]

by noriko.f | 2008-05-07 00:57 | SALSA  

<< 続々と… 作戦は成功か? >>