piano

久しぶりにpianoレッスン再開

指は動かず、左手のリズムが遅れる

ギターやトレスや歌うのと違って、左手でベースのトゥンバオを正確に弾くって難しい

どこにいるのかわからなくなったりする、この感覚は5年くらい前に師匠と一緒に音楽を始めた頃の感覚と似ている

初心に戻ったのか、いや、技術だけが楽器がかわると初心者になってしまうのだ

情けない

トレスだと1曲が仕上がるまでの時間が短縮できたので、調子に乗っていたところもあったが、ギャフンと言わされた感じ

こういう屈辱感というか挫折感を味わうって負けず嫌いの自分には大事なことかも

とかいう妙な慰めで奮起してみるw

限られた時間で習得するのは難しいけれど、やってみよう

1年間もオブジェとして眠らせていたピアノ、もっと早くやっておけばよかった

尻込みしたり、躊躇したり、ダサい行動だ

・・・たら、・・・れば、・・・でも

こんな言い訳しないけど、したくないけど、思いがあるのに行動しなければ言い訳しているのと同じこと

しかし、ピノもギターもとレスも練習しているとあっという間に時間が過ぎる

2時間くらいはあっという間

じっとしてなさいって言われたら耐えられない時間だけど


サルサ教室はこちらから
[PR]

by noriko.f | 2008-05-23 12:31 | La musica cubana  

<< 嵐の集い 学生街 >>