Truth

salsaを踊るようになってから、いろいろなことを考えるようになった。
常に本質は何かを考えるようになった。
ダンサーの動きを見て感じるものが変わった。

バレリーナの動きはしなやかで美しい。
しかし、その美しさを表現するために強靱な筋力と柔軟性を培っている。
体重とボディラインの操作と維持、食事や生活そのものも全て踊るためにある。
舞台の華麗さからは想像できない、過酷さと厳しさを乗り越えている。

自分が踊るようになるまでは、バレエを観ても踊り手の表現力や演出ばかりが気になっていた。
それは、今でももちろん重要なポイントではあるが、それだけではない。
踊り手の技術力はもちろん感性を強く意識している。

昨日は満月だった。
月がきれいなのは誰でも知っている。
では、どうして月が夜空に輝いているのか、満ち欠けをするのか。
義務教育を受けた人ならその理由は知っているが、月を見るときにそれを意識している人はあまりいないと思う。

月を見てきれいだなと思うこと。
月を見てどうしてきれいに見えるのかわかる人。

どちらが人生楽しいだろうか。

世の中に無知で下品な人ばかり増えてしまったように思える。
本質的なことをきちんと考えていれば、やらなくていいことから興味が薄れていくはずなのに。
a0028424_14501861.gif




人気blogランキング-クリックのほどよろしくお願い申し上げます-

サルサ教室はこちらから
[PR]

by noriko.f | 2004-08-02 14:51 | SALSA  

<< 黄金色 朝帰りの空 >>