涼を感じる瞬間

それは、イメージで感じるのと体験するのとに別れると思います。

イメージでとらえると
風鈴の音、浴衣姿、蚊帳、波打ち際、渓流画、雪景色などなどがあります。
しかし、風鈴を室内につるしても都会の家ではほとんどなることはないです。
ベランダにつるしている人を見ますが、それでは風鈴本来の意味が…。
浴衣ってすごく暑いです。帯周りが汗だくです。
イメージでは実際には涼しくなれないですねぇ。

ということでやはり体験が一番でしょう。
よ〜く冷えた生ビール、かき氷、プールに飛び込む、海に潜る、縁側で冷たい水に脚をつっこんでスイカを食べるなどなどなど。たくさんありますが、私が一番好きなのはシャワーですね。普通にシャワーを浴びて扇風機の前に立つ。これが一番!そして
、その後に飲むビールが最高です!
うーん、ひねりがなかったかなぁ。

と、ここまで書いてイメージで涼しくなった経験が一度だけあったことを思い出しました。

夏の暑い日、カーテンを閉め切り室内を真っ暗にしてクーラーをつけます。
そして、「リング」を見るのです。
(ま、他にホラーで怖さに浸れる物ならなんでもよし)
これで本当に寒くなりました。
人生の中でこのときだけです、イメージで涼を感じたのは。
本当に恐かった。


涼を感じる瞬間は?
[PR]

by noriko.f | 2004-08-10 11:55 | つぶやき  

<< どんより 夏燃ゆる >>