カテゴリ:SALSA( 62 )

 

ラ・カリベーニャでビギナーレッスンを開始します

さてさて、いつも放置になっているブログですが、やっと更新できました。
タイトルの通り、La Caribenaにてサルサビギナーレッスンを開始します。

毎週、木曜日19:00〜20:00
土曜日17:30〜18:30
ワンドリンク(生ビール、オレンジジュース、ウーロン茶)付きで1500円です。

サルサを始めてみようかな、クラブレッスンは気後れしがち、クラブへ行く前のウォーミングアップに、苦手なペアワークをじっくり覚えたい…そんな方にぴったりのレッスンです。
格好いいの前に、先ず楽しく踊ってみましょう。
楽しく踊っている人と一緒に踊ると自分も楽しい気持ちになる、そんな「楽しい」の輪を広げるサルサステキだと思いませんか?

先ず、気持ちが踊るサルサ、そんなことにこだわって取り組みますので、どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by noriko.f | 2011-01-24 20:43 | SALSA  

日本舞踊からサルサへ

3歳から日本舞踊を習っていた。
毎週のお稽古が楽しくて仕方なかったし、週に一度では物足りないくらいで、家でもよく練習をしていた。
父の晩酌のショータイムにもなっていたりして。

先生(まぁ、いわゆるお師匠さん)は、厳しい人でした。
昭和のお稽古ごとなので、楽しくやりましょうねぇ…的な感じではなかったなぁ。

現代のレッスンのように、何時からっていう縛りが無いので、自分よりも早くお稽古場に来ている人がいれば、順番を待たなければならない。
ただし、やむを得ない用事があったりすると、交渉して入れ替えたりもできるのだ。

一人当たり、45分から1時間前後のお稽古を着物を着て正座をして見ながら待っていなければならない。
でも、それが普通だから、苦痛と思ったことも無かったし、自分の知らない踊りをみているのは勉強になったし、楽しかった。
子どもだったから、勉強するという意識はあまり無いのだけれど、今思えば、手の使い方、細かな仕草など、人の技を見て盗むと言った感じだろうか。
人のお稽古を見るのも稽古のうち、と言う訳で、子どもといえど、落ち着いてみていられなければお師匠さんに叱られるのも当然だった。

お稽古場で仲よくなった同じ年頃の友達姉妹は、他の人のお稽古を見ているのが苦手で、よく脱出したりして起こられていたのを覚えているw

そんな厳しい師匠(自分の祖母くらいの年齢だった)に教えていただいていたのだけど、その厳しさと緊張感が心地よかった。
お稽古を終えて外に出ると、「はぁーっ」と言いながらのびをしている私を見て、いつも母は「そんなに窮屈に感じているのに、何でお稽古が好きなのかわからない」と言って笑っていた。

その緊張感や厳しさと、上手に踊れた(表現できた)ときにお師匠さんに褒められた時の嬉しさが絶妙なタイミングで心地よかったのだと思う。
褒められるというよりは、喜んでくれているという感じだったなぁ。
それが嬉しかったのを覚えている。
アメと鞭なんだろうか。

サルサインストラクターをしているサルサ同期の彼女のブログを読んで、自分が日舞のお稽古をしていた時のことを思い出して、ブログに書いてみました。

確かに、現代の習い事は「楽しむ」が先にきているなぁ…と実感。
自分がサルサを始めた頃は、日舞を習っていた頃のような厳しさを求めていたのかもしれない。
それは、ある意味自分のための貴重な時間なんだもの。
楽しければいいのなら、他のことを選ぶなぁ。同じお金を使うなら、お酒でも飲んでいた方がいいでしょう。
習いたい、学びたいという気持ちからそこへ行くのだから、吸収したい欲求を満たしたいと思うのが本来の姿で自然なんじゃないか。真面目とかそういうことじゃないような気がする。
楽しければいいのであれば、なぜ学びを選ぶのだろう?
ぜーんぜん理解できない。

習い事もビジネスになってしまってから、ちょっとおかしなことになっているのかもしれない。
確かに、私が日舞を習っていたお師匠さんもビジネスですよ、それで生活しているのだから。
時々、舞台に立ち、出演料を稼ぐこともあったでしょうけど。
でも、現代の習い事のように雑誌やら、ネットやら、多種に渡る媒体を使って宣伝しているわけでもなく、もっと濃い信頼関係の中で新しいお弟子さんを少しずつ増やすというつながりなので、ビジネスとしてはなかなか厳しいものだったはず。※古典芸能ならではの云々はここでは省きます。

そう、習う方も「ちょっとつまんで、ダメだったらやめよう」みたいな感覚ではなかったのだ。
お互いの真剣さが支えだった。現代では希少なんだろうなぁ、そういうの。
そういう真剣勝負が無くなってしまうのはとても寂しいこと。
子どもにたくさん習い事をさせるお母さんの気持ちはとても理解できない。
何を修得させたいのか。
スイミング、英会話、ピアノetc…
カルチャースクールで多数の講座を受ける人や、スポーツクラブで多数の講座を受ける人も同様に。

本当に何かを学びたいなら、「みんなで楽しく」なんてどうでもよくて、自分だけが上達すればいいし、自分のために学べばいい。(利己主義という意味ではない)
まぁ、多くの日本人の感覚がおかしくなってしまっているのを日々嘆いていても仕方ない。
でも、「日本人がにこにこ親切なのはビジネスシーンだけで、犬や猫を可愛がるくせに電車やバスで誰かに席を譲ることさえできない」と、日本人じゃない人に言われると悲しくなってしまう。
善意でもなんでもなくて、当たり前のことをやりたくない人があまりにも多いから。
電車で通勤していると日々いろんな思いをする。

サルサを習い始めた頃のことは、そのうち書くとしよう。
[PR]

by noriko.f | 2010-10-04 18:49 | SALSA  

6月のレッスンスケジュールのお知らせ

雨のが多くなって来たような気がします。
この感じだと、梅雨も早くやってくるのでしょうか。
雨が楽しいと感じる時ってありませんか?
そんな日は妙に気分が高揚しているのかもしれません。
まあ、なんでもいいのです、楽しく踊りましょう!

■土曜レッスン
6、13、20、27日 16:00〜

■日曜レッスン(第1・3日曜日)
7、21日 16:00〜

■火曜レッスン(第2・4火曜日)
9、23日
◇入門クラス 19:15〜
◇ビギナークラス 20:30〜

ペアダンスの存在や、その楽しさについて考えたことはありますか?
理屈抜きでも楽しむことができれば、それはそれでいいのですが、やはり相手があってのもの。
自分だけが楽しむばかりでは、相手もがっかりしてしまいます。
男性はいかに女性を楽しませることができるか、女性も男性のリードを受けつつ、喜ばせることができるかどうか、わたしにとっても永遠のテーマですが、技術よりも大事な部分です。

サルサを少し覚えると、小手先の技術にこだわりたがる男性や、もっと上手い人はいないのかしら?と「もっとオーラ」を出している女性になりがち。
大事なことを忘れてしまってはせっくのペアダンスも楽しめません。
向き合って手をつないで踊りだすと、不思議と一緒に踊っている人のいろいろな部分を感じることができます。
経験値の少ない人と踊っていても「なんかステキ!」と感じたり、サルサ歴5年のベテランと踊ってもテクニックを押し付けられるようで不快に感じたり、したことはありませんか?
ペアダンスを通して、人との触れ合いとか、忘れていた何かを取り戻すきっかけになればと思います。
また、そのためのツールとして、サルサを知ってもらう、楽しんでもらうのが私の願いです。
[PR]

by noriko.f | 2009-05-28 19:44 | SALSA  

5月のレッスンスケジュールのお知らせ

遅くなりましたが、5月のスケジュールをお知らせします。

火曜日(第2・4)
12日、26日
■入門クラス 19:15〜
■ビギナークラス 20:30〜

土曜日(毎週)
2、9、16、23日
■16:00〜

日曜日(第1・3)
3日(17日はイベントのため中止です)
■16:00〜

本格的に暖かくなり、体を動かしやすい季節になりました。
楽しんで踊れるようになるには、覚えることがあったり、リズムに慣れることが必要だったりしますが、根気よく頑張りましょう。
[PR]

by noriko.f | 2009-05-09 18:15 | SALSA  

4月のレッスンスケジュールのお知らせ

暖かくなったなぁと思いきや、一気に冷え込んだり、桜の開花もゆっくりだったりしてますね。
まだ、身も心も開放的になれる気温のは少し先のようですが、お元気ですか?

さて、4月のレッスンスケジュールは以下のとおりです。

日曜クラス
5日、19日 ■15:00〜入門クラス ■16:00〜ビギナークラス
火曜クラス
14日、29日(29日のみ水曜日に振替) ■19:15〜入門クラス ■20:30〜ビギナークラス
土曜クラス
4日、11日、18日、25日 ■総合クラス16:00〜17:30

場所:カフェ・カリベーニャ

レッスン後、いろいろとお話ししたり、踊ったりできるといいと思います。
できれば、時間を作ってみてください。
ペアダンスの楽しさや、難しさについて、いろいろと話してみましょう!
[PR]

by noriko.f | 2009-03-30 18:40 | SALSA  

3月のレッスンスケジュール

昨年の3月はCUBAに居ました。
この頃は、何年越しもの思いが叶う前の何とも言えない気持ちでした。
中学生の頃の、バレンタイン前日の夜のような。
ドキドキして、時々胸がきゅっとなる感じ。
ちょっと懐かしいですが、来年こそはこの時期に再びCUBAへ行けたらいいなと願っています。

さて、3月のレッスンスケジュールのお知らせです。

■日曜レッスン
3月1日、15日
入門クラス 15:00〜16:00
ビギナークラス 16:00〜17:30

■火曜レッスン
3月10日、24日
入門クラス 19:15〜20:15
ビギナークラス 20:30〜22:00

■土曜レッスン
3月7日、14日、21日、28日
サルサ総合クラス 16:00〜17:30

春はもうそこまで来ています!
熱く、楽しく、踊りましょう!
[PR]

by noriko.f | 2009-02-20 20:19 | SALSA  

バレンタインレッスン

2月14日はバレンタインデーですが、通常通りレッスンを行います。

16:00〜17:30サルサ総合クラス
ゲスト講師はカリベーニャのシェフバロ君です。
宜しくお願いします。

土曜日はちょっと家庭的な雰囲気のレッスンだなと思っていますが、参加されているみなさんはどう感じてるんでしょう。

ペアダンスが楽しくなってきたという人、本質的な部分をとらえているように思えます。
ステキな笑顔になれるよう、これからもしっかりレッスンしていきます。

animo!
[PR]

by noriko.f | 2009-02-12 22:05 | SALSA  

2月のレッスンスケジュール

寒い日が続き、インフルエンザも流行っていますが皆さんお元気ですか?
さて、2月のレッスンスケジュールのお知らせです。

■日曜レッスン
2月1日、15日
入門クラス 15:00〜16:00
ビギナークラス 16:00〜17:30

■火曜レッスン
2月10日、24日
入門クラス 19:15〜20:15
ビギナークラス 20:30〜22:00

■土曜レッスン
2月7日、14日、21日、28日
サルサ総合クラス 16:00〜17:30

火曜のレッスンが月2回になり、日曜レッスンがスタートします。
また、土曜日は毎週レッスンを行い、時間帯も少し変わりました。
よーくみてチェックしてください。

今月から、土曜レッスンにゲスト講師が参加します。
お楽しみに!
[PR]

by noriko.f | 2009-01-30 22:09 | SALSA  

12月のレッスンスケジュール

季節はすっかり冬ですが、サルサを踊る時は身も心も熱くありたいですね。
さて、今月のレッスンスケジュールは以下の通りです。

火曜日レッスン
2、9、16日
19:00〜入門クラス
20:10〜ビギナークラス

土曜日レッスン
13、20日
13:00〜14:30 総合クラス

場所はどちらも「カフェ・カリベーニャ」
足立区綾瀬1-39-4桂昇綾瀬西口ビル2F
[PR]

by noriko.f | 2008-12-01 22:11 | SALSA  

12月21日(日)イベント開催!

何かと忙しくなる年末ですが、忙しさも寒さも忘れて踊りませんか?
というわけで、サルサイベントを開催します!

日時:2008年12月21日(日) 17:30開場 18:00スタート
場所:足立区綾瀬1-39-4 カフェ・カリベーニャ
http://r.gnavi.co.jp/e146600/
電話:03-3604-8192
料金:3000円(ワンドリンク、フード付き)
※ビュッフェスタイルですが、フードを用意する都合上、事前の予約をお願いします。

ミニレッスン、ダンスパフォーマンス、ライブと盛りだくさん!
わいわい盛り上がりましょう!
[PR]

by noriko.f | 2008-11-18 15:26 | SALSA