カテゴリ:うれしいこと( 12 )

 

綾瀬クラス忘年会

12/1(土)に綾瀬クラスの皆さんで忘年会をした。
近所に住んでいる人達なので、集まるのも楽だし、終電の時間を気にしなくていいからのんびりできるのが何より。(とは言っても、6:30までは飲みすぎ!)

メインはキムチチゲ。
だけど、飲んだアルコールの量がすごかった。綾瀬クラスの人はみんな酒豪。

C里さんが先日山野楽器で買ったCDを持ってきてくれてみんなで聞いたり、踊ることについて語ったり有意義な時間をすごすことができた。
途中からかなり酔いが回ってきたので、会話の軌道修正ができなくなったのが懸案事項に。
せっかくみんなで集まったら、個人的な恋愛話なんてどうでもいいのでしたくない。
そういうのは個人間ですればいいから。
それと、皆で話をするときは隣席の人と個人的に盛り上がる感じもよくない。
最も許しがたいのは理不尽な理由で誰かを攻撃することだけど、いずれにしても本人に悪気が無いのは最悪のパターン。

言いたいことを言い合うのではなくて、きちんと意見を述べるのは大事なこと。
聞くことも大事なこと。
相手の間違いや偏った意見を指摘することも大事なこと。
これはコミュニケーションの基本だけど、意外にできてないいい大人もいるものだった。

ただ、食事をしたりお酒を飲んだりする機会が増えていくごとに中身のある話になっていくのがいいところ。
不毛な会話は要らないのだということ、わかってきている人もいる。
いくら言っても無駄な場合もあるので、その辺は見極めが必要だ。

さ、来年に向けての振り付け練習もがんばらねば。

踊るということで個々の感性をいい方向へ転換させられたら、わたしは幸せだ。
格好良く踊る、美しく踊る、真面目に通う、大事なことはそこじゃない。
「気持ち」の無い踊りのいかに気持ち悪いことか。
そんなことがわかってきたら、巷のサルセーロ(古いな)より3歩くらい先へ進んでるよ。
[PR]

by noriko.f | 2007-12-06 12:52 | うれしいこと  

久々に銀座へ

昨日は生徒さん(Cさとさん)と、キューバンCAFEでのライブを観に行ってきました。

少し早めに銀座の三越前で待ち合わせをして、山野楽器でキューバ音楽のCDを物色。
「おすすめは?」と聞かれたけど、まずはサルサもソンもそれ以外もたくさん聞いた方がいいだろうし、自分の好みで偏ったことを言わないように慎重にアドバイス。

ソンの有名な曲がたくさん入っているものを選んで買っていました。

年末の銀座はイルミネーションがきれいでした。
三越前での待ち合わせはなんとなく、バブル時代を思い出しますw
Mカルロは今もあるかどうか不明だけれど、数年前はサルサレッスンやイベントやっていましたね。
バブル時代はディスコでした。お立ち台もありました。もちろん、踊ってましたw
それよりも昔は、キャバレー?クラブ?カフェ?ドアマンがいたんですよ。
ディスコ時代もいましたけど。

さて、昨日のライブCさとさん、楽しんでくれたみたい。
IじまさんやTくんといきいきと踊っていました。
初参加の綾瀬ご近所組のしんちゃんやねーさんも踊ったりしてくれて楽しんでいたのが印象的。リズムを取る練習とか楽しそうだったもの。
ステキな音楽や踊りは人を笑顔にできるのです。
ただし、こちらも笑顔じゃないと相手も笑顔にはできないですけどね。

土曜日は綾瀬クラスのみなさんでお鍋で忘年会。
家のみでリラックスしながら、いろいろと語り合いましょう!
サルサが上達することも大事だけど、楽しい時間を共有することも大事です。
いや、飲みたいだけでしょうって言わないでw
[PR]

by noriko.f | 2007-11-29 12:25 | うれしいこと  

最近アクセス数増えてる

綾瀬クラスのみなさんこんにちは
そうじゃない人もこんにちは

突然ですが、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんのブログ知ってますか?
そういうわたしも、どこで見つけたのか忘れてしまいましたが、最近よく読んでいる
毎日更新しているらしい
マメな人好き

話は変わって、最近、このブログのアクセス数が増えているなぁと思ったら、検索ワード「江東区民祭り」で表示されるかららしい
全然関係ないブログでごめんなさい
サルサとかCUBAとか興味ない人にとってはつまらないでしょうねぇ…

最近、レッスンお休みする人が多くなって寂しい
まぁ、みなさん個々にいろいろな事情があるでしょう
でも、休まず来ている人にも事情はある
様々な事情をクリアして来るか、先延ばしにしてくるのかよくわからないけれど、
踊る時間を作ることのプライオリティが高まっている人は休まないということかな

メールとかで「お休みすること」について触れると、なんか責められていると思われてしまう場合もあるようなので、微妙なところ
わたしが言いたいのはその時間を作ることを大事にして欲しいということ

毎日学校へ行っていたころ、クラスにはいろんな人がいたはず
面白い話し方の人、授業中うるさい人、ガリ勉タイプの人、目立ちたがりの人、給食食べるのが速い人、遅い人…
そして、それがお互いを刺激する存在であったこともあったはず
会社へ行ってからはどうだろう
いろんな人がいるのだけれど、自分の後ろの席の人がどんな人なのか、どんなことが得意なのか、どんなことに詳しいのか、意外に知らないことが多いような気がする
隣の人とメールで会話したりしていた
お互いを刺激するような存在といえる人はどんどん減っているのが現実

それも日常かもしれないけれど、幸せを感じる日常とは思えない
そして、何かに癒しを求めてしまう
かつてのわたしもそうだった
それは、家族か、恋人か、友達か、お酒か…
依存する癒しでは、ループしてしまう

音楽と踊りがあればそれで癒されるし、その環境が楽しいと感じる心があれば癒しを求める必要など無い
そういうことに気付いて欲しい
そして、気付いてもらえるように導くためにレッスンをしているのだから
それがわかったら、クラブでくるくる回って踊ることは、たいしたことが無いということが理解できるでしょう

誰かと手をつないで踊るということはお互いが楽しいと感じることが大事で
それを心から楽しいと感じたら、その時間が大切になるはず
自分以外の人にもっと興味を持って、刺激しあいながら生きていけたら今よりももっと楽しい人生になることは間違いない!!!

選択するのは自分自身

あ、こんな時間
もう寝なくては

西野君、絵本も書いているらしい
でも、今日はエロDVDを買ってきたらしい
「僕は、帰宅したらネタを考えて、絵本を書いて、ブログを更新しています」
だけじゃなくて
「エロDVDも観ています」
と書いてしまうところが人間らしくて面白い
ついでに言うと、イケメンなのにw

こんなことを書くと「ほら、また顔で判断してる」とか言われそうだ
[PR]

by noriko.f | 2007-10-23 03:18 | うれしいこと  

久々の再開&再会

昨日は綾瀬クラスのメンバーと築地CUBAN CAFEへ。
T君の誕生会をかねての呑み。
もう、どうしてみんなこんなに大酒のみなんだろう…(笑)

そこで、偶然にもYっちと再会。
かれこれ…5年振りになるだろうか。

同じ足立区内に住んでいながら、すれ違うこともなくなっていた。

しかし、彼は私の仕事も、綾瀬でレッスンしていることも知っていた。
なんだか、懐かしくて、嬉しかった、心がくすぐったい感じ。

でも、あまり元気そうに見えなかったのは気のせいだろうか。
疲れているのか、踊っていないのかな。

隅田川ではまだ踊っているのかと気にしていたので、やっぱりああいう時間がすきなんだろうな。
わたしだって好きだもの。
これからも大事にしていこう。
今すぐできなくても、今日、明日できなくても、明後日できることは諦めない。

ふー、今日から入梅らしい。
雨が降っているけれど、どんよりした雲が少しブルーがかっている。
夜明けの空みたい。

昨日はみんな楽しそうに踊っていた。
難しく考えずに純粋に楽しめたらしい。
[PR]

by noriko.f | 2007-06-14 16:38 | うれしいこと  

万年筆

お手軽万年筆
yutakaさんのブログに載っていた万年筆、同じものを購入してしまいました(笑)

a0028424_252853.jpg


初めて万年筆を使ったのは中学生の時。
確かSAILORだったと思うけど、プラスティック製でカラフルなデザインの万年筆が流行ったころ。クラスの女子に人気がありました。友達と交換日記を書くときくらいしか使わなかったのですが。
1,000円前後だったと思うけど、父に「子供の癖に万年筆なんて生意気…」とかなんとか言われたような記憶が…。
現物を見て値段を知り、おもちゃって言っていました。
父の万年筆は大人の男の渋みを感じさせるものでしたから。

話はそれましたが、今回購入したのはOHTOというメーカーのもの。
書きやすくて、重すぎず、手に持った感じもなかなかいいです。
お値段もお手ごろで、1,500円。でも、見た目はしっかり。
なんか、嬉しくて、ここ数日はスケジュール帳に細かいことまでびっしりと書いています。
日頃から細かいことまで書いておくべきなのですけど…。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-30 02:06 | うれしいこと  

季節感

こういうのいいね。
季節感を感じる事って、都会で生活しているとどんどんなくなるから。
真美が中学受験の時、塾の先生が言っていた。
「最近は外で遊ぶ子供が少ない。本来、理科の勉強は遊びの中で体験できたことばかり。例えば、虫取りをしながら昆虫の生息状態を目の当たりにするとか、季節の草花に触れるとか、蛙の卵を見つけて毎日見ていることが観察だったり。教科書の中でだけでは実体験がないので理解するのに時間がかかってしまう。外での遊びや、登下校の寄り道で経験することが大切。」と。
勉強と結びつけなくても、自然と触れて他の動植物を理解していくことは成長過程にはとっても大切なこと。

ゆかさんのブログにはいつも季節感溢れる写真がたくさんあって癒されます。

子供達にこういうことに気付かせる、この花が咲いたからもうすぐ春だなぁとか、梅雨だなぁとか、そういうことを教えていける大人でなければ…ね。

幸い、今の家は公園の前なので、季節感を身近に感じることが出来ます。
庭はないけど、家の前にある木を見て、いろいろ話をしています。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-06 18:10 | うれしいこと  

真美からプレゼント

今日は給料日だったそうで、お土産を買ってきてくれました。
a0028424_1332050.jpg

お花とドリンク剤。

お花大好きなの知ってたのかな。

ドリンク剤はほぼ毎日飲んでいて、空き瓶がたまっているからかな。

うれしいね。

ちょっと泣けました。

ありがとう。
[PR]

by noriko.f | 2005-04-18 01:35 | うれしいこと  

最中

さっき家の斜め前にある居酒屋のマスターから電話がありました。

マスター「今どこにいんの?」
わたし「家っすよー」
マスター「えっ?家にいるの?」
わたし「まっ、まさか雨?」
マスター「布団入れた方がいいよー」
わたし「ありがとうございますっ!」

ちょっと長屋ちっくな会話が好きです。
ありがたい、今夜もふかふかの布団で寝れます。
マスターに感謝。

しかし、家にいたにもかかわらず、にわか雨に気づかなかったわたしは…
昼ドラに集中し、涙ぐんでいる最中でした。
[PR]

by noriko.f | 2005-03-18 14:28 | うれしいこと  

仲間

昨日は21日にあるステージの振り付け練習がありましたが、その後銀座へ友達に会いに行きました。
ちょっと強行なスケジュールでしたが、しばらく海外へ行ってしまうので、ちょっとでも時間があったら会っておきたかったのです。

ちょっとしか一緒にいられなかったけど、行ってよかった。
もっとお話ししたかったけど、次回のお楽しみになっちゃった。

くらくら〜レアルに会いに来てね〜♪
[PR]

by noriko.f | 2005-03-17 14:23 | うれしいこと  

気の利く女(ひと)

大人の女の条件の一つに「気が利く」ってあると思う。
間違っても「おせっかい」はしちゃダメ。
さりげなく、あくまでもさりげなく。

友達にとっても気の利く人がいる。
かわいいけど大人の女。
いっつもさりげなく何かをくれる。

物体のときもあるし、形にならない「何か」をくれることもある。
どちらにも彼女のさりげない「気持ち」があってとってもありがたく思う。
だから、彼女にも「何か」を与えられるようにならなければ。

そして、彼女のようになろうと思う。

ゆかさん、いつもありがとう。
[PR]

by noriko.f | 2005-03-11 08:49 | うれしいこと