カテゴリ:つぶやき( 110 )

 

6年経過で7年目

今日気がついたけれど、このブログもう6年以上も経つんだった。
途中、放置期間もあるけれど。
日記を書く習慣が無かったから、記録が残っているということはありがたい。
過去の日記を読んでいると、当時は精一杯で書いているのだけど、当然ながら今の自分から見ると未熟で恥ずかしいなぁと思うことが多い。
でも、何でも継続するっていうことは無駄ではないと思うよ。
と、自分で自分を励ましてみたりする。

つたない文章で、たいした内容でもないことを書いていることが多いけれど、これからも継続してみようっと。

しかし、この6年間でいろんなことがあった。
10代後半よりも人生の転機だった。
年を重ねて、経験を積んだはずなのに、横風に流されることが多かったようだ。
どっしりとしすぎたり、流されすぎたり、極端なのは相変わらず自分の欠点だ。
もがいていても何も変わらないこともあるし、てこの原理の状況があらわれて、すんなり事が運ぶこともある、。
いろんなことの中で学んだことかもしれない。
なるようにしかならないけれど、成せるかどうかは自分次第。
結果は一つだけじゃない。
正解の中にも不正解はあり、不正解の中にも正解はある。
視点を変えれば悪も正義。
もっと柔軟に、もっと図太く。
今まで起こった全てのことがあって、今の自分があるということ。
そして、人生に無駄はなし。
その全てのことに意味がある。

自分の余命は誰しも知らない。
自分はあとどのくらい生きて、その間にどれだけのことができるかわからない。
やりたくないことはやらない。(わがままに生きるという意味じゃなくて)
考えすぎない程度に、よく考えて、後悔しないように生きる。
[PR]

by noriko.f | 2010-08-23 21:46 | つぶやき  

後悔していること

長く生きていれば、誰しも後悔していることの一つや二つはあるのかもしれません。
自分が後悔していること、それは、生前の母とのコミュニケーション不足。

今から2年10ヶ月前に亡くなった母は、一人暮らしでした。
住んでいた家を私に残して、一人で亡くなってしまった母。
亡くなる1週間程前に、友達と函館に旅行に行っていたらしい。
知らなかった。
コミュニケーション不足だから。

母は糖尿を長く煩っていたけれど、よく病院へ通っているということは、よい状態ではないけれど、急に亡くなったり倒れたりする心配も無いだろうと勝手な推測でタカをくくっていた。
数年内には一緒に暮らす必要があるだろうけど、今はまだ大丈夫だろうなんて勝手に思っていた。

糖尿病から緑内障と狭心症を併発していた。
緑内障は手術をするという話を聞いていたけれど、狭心症についての症状はあまり聞いていなかったので、どの程度の症状なのか把握していなかった。

もしかしたら、北海道旅行で飛行機に乗ったのが良くなかったのかもしれないし、なくなる直前に季節外れの台風が来ていたのが影響したのかもしれない、両方わるかったのかもしれない。
しかし、苦しい時に電話をしてこなかった。
心配をかけたくないからなのだろうか。
友達へはメールを送っていたのに。

母の住んでいた家の掃除が大変だった。
2階建ての古い4LDKだけれど、どこもかしこもびっしり荷物。
しかも、殆どガラクタとゴミ。
キッチンは賞味期限の切れた食材がてんこ盛り。
何からどう手を付けていいのかわからない状態。
でも、やらなくては。
なんでこんなに掃除してないんだろう、暇だったんだからゴミくらい捨てれば良かったのに、
あれほど不要なものは処分した方がいいって話したのに…
と、ずーっと考えながら片付けた。
しかも、ゴミの処分にものすごくお金がかかった。

でも、本当は、母が元気なうちに私が掃除に行って、ゴミを捨てておけばよかったんだ。
もし、そうしておけば、母はもっと快適な家で生活することができたのだから、数年は元気でいてくれたに違いない。
年をとってしまうと、自分たちのように掃除したり、ゴミを捨てたりしていることが簡単にできなくなってしまう。
それを手伝うのは娘である私の役割なのだ。
なんでそんなことも気付かずに、自分のことだけを考えて生きていたのか。
しばらく後悔している。

親孝行でもなんでもない、当たり前のことができなかったことが悔やまれる。

死んでからの葬儀や、墓参り等の供養は対面的なもので、本人には伝わりっこ無い。

もう、母は帰らないけれど、後悔することは一つでも少ない方がいい。
後悔しないように、日々考えて生きていきたい。
[PR]

by noriko.f | 2010-08-19 21:19 | つぶやき  

久々の更新

今日、「ブログを見ました」言われて、更新してないんだよなーという複雑な心境になってしまったので、更新していますw

様々な事情で、レッスンをお休みさせていただいており、こちらのブログも閉鎖状態でした。

日本を離れたり、帰国したり、お店を再開したり、すったもんだの繰り返しをしております。

ここからの情報発信はもう止めようかなと思ったり、そうは言ってもブログを完全に閉鎖せずにいたり…
中途半端が続いております。

で、いろいろと考えましたが、ブログの更新を再開させていただくことにしました。

レッスン関係のことは書けませんが、キューバ音楽の情報とか、ダンスのイベント関連のことなどの情報配信を中心に更新していく予定です。

ということで、ご報告その1
Caribenaが港区六本木で復活しました。
詳細はhttp://r.gnavi.co.jp/ga3t800/で。

今後ともよろしくお願いします。
[PR]

by noriko.f | 2010-04-26 20:54 | つぶやき  

夏も終わり

日曜日にけんちゃんの家でお互いにCUBA旅行で録画してきたビデオを観た
側でしょうた君がつかまり立ちをしながらとうもろこしを食べていた
子供の成長と時間が経つのは早いものだなとかぼんやり考える
そしていつもながらしょうた君の存在に癒されている自分がいた


今年は3月にCUBAで海水浴
子供みたいだけど、カリブ海で泳ぐことができたのが嬉しかった
そして、サルサ教室のみなさんとも逗子海岸で泳いだ
「夏の思いで」の行事みたいで、小学生の頃に行った海水浴の時と同じような気持ち


ここ数日、スコールのような夕立が降っている
雷も凄い勢いで落ちている
少し亜熱帯化しているのか
日中はアスファルトに囲まれた都内の道路で陽炎が揺らいでいる


パソコンが故障
iMacに続きVAIOもご機嫌斜めになってしまった
買った時期が近いので順番に故障していくのは仕方ないかも


複数のパソコンがあると修理をするのも簡単
元気なパソコンを使って、ネット上での情報収集ができるから、適切な処置ができる


さて、お店の準備も大詰めになってきた
スタッフは決まった
諸々の研修等のスケジュールも決まった
申請の準備も順調に進んでいる


ぬかりなくやっていても、実際には何かが抜けたりしているのだろう
問題は抜けが発覚した時の対処法だ


本音を言うとCUBA旅行の前よりも緊張している
心地よい空間作りを目指し頑張ろう
[PR]

by noriko.f | 2008-08-21 23:56 | つぶやき  

良いことをしたという意識

Excite エキサイト : 社会ニュース

20年前の夏に世の中を震撼させるような事件を起こした犯人の死刑が執行されたらしい。
死刑に反対する人や、彼の犯した罪は死刑では重すぎるというような意見があるらしいが、人の子供を誘拐して、いたずらして、殺して、ビデオまで撮って、中には遺体を燃やしたり骨を親御さんに送りつけたりして、裁判では謝罪の言葉もなく、死刑の不当性を訴え、良いことをしたなどと言っている犯罪者は死刑を執行されても仕方ないのではないだろうか。

自分の娘が同じ目にあっても死刑は残酷だと言えるのだろうか。
自分自身の手で殺してしまいたいと考えるくらい憎むだろう。

精神的に病気なことと殺人を犯すことは別の問題なので、なぜ一緒にするのか。
全く意味が分からない。
この男の犠牲になってしまった娘さん達の親御さんはどうされているのだろうか。
そして、今日のニュースを見てどう感じたのだろうか。

娘を持つ親にとってこんな残虐なことはない。
自分が身代わりになって殺される方がましだと思うかもしれない。
死刑という判決が下っても、死刑が執行されても、亡くなったという事実は変えられず、娘さんは戻ってこない。
母の位牌に線香をあげる時、亡くなった被害者の娘さん達にも線香をあげることにした。

と、ここまで書いていて、ふと「人気のキーワード」に目がいってしまった。
これを見ていると、日本は平和ぼけなどという状況ではないなと思ってしまう。
なにも考えてないか、自分のことだけ考えている人が多いんだろうな。
現代が本当に平和な時代だと思っている人がどれくらいいるのか知りたいものだ。
[PR]

by noriko.f | 2008-06-17 15:51 | つぶやき  

情けない話

自分を含め、人間というのは事実を指摘されると怒ったりすることが多い

賢い人はいちいち怒らず、事実を受け止めることができる

少し賢い人は、後に気付き、理解できる

普通の人は、怒ったりして、後に気付いて修復する

賢くない人は、怒って理解できず終わり

最悪なパターンは、怒ったまま二度と姿を現さない

自分の欠点、足りないところ、指摘されるうち、指摘してくれるひとがいるうちはいい

それをうっとおしいと思っていてはまだまだ子供

最悪なのは誰も忠告してくれなくなった時

もう手の施しようがなくなったときだ

それに気付くか気付かないかは自分次第
[PR]

by noriko.f | 2008-06-09 02:11 | つぶやき  

いのち

演奏を一緒にやっているメンバーに昨年11月27日赤ちゃんが誕生する

毎週練習をするので、週に1回は顔を見ているのだが、日増しに大きくなっている様子がわかる
会うたびに、一回りからだが大きくなり、顔もはっきりとしてきている
そばにいるだけでこちらが暖かな気持ちになってくる

赤ちゃんの存在というのはものすごいものだ

練習の帰り道、道がわからなくて、判断を誤り商店街へ突入
誤りながら、駐輪している自転車をどかしてもらったり、おじさんにおこられたり
外野のおじさんたちが「何で入ってきたんだ!」と言うと、べつのおじさんが
「赤ちゃんいるんだ、仕方ないだろう!」と反論
迷惑かけてすみませんでした、わたしの誤判断です、ごめんなさい

若干3ヶ月の彼に助けられました

練習にあやかって可愛い彼と一緒にいる時間が作れているのだけど
泣いても、おっぱい飲んでいても、うんちしても、寝ていても可愛い
その顔を見ていて考えること
ニュースで耳にする乳幼児に対する虐待や、殺害事件は日々起こっているということ
何とかして救いたいけど、一人では実現不可能なのが現実
みんな仲良くなんていうのはきれいごとで、そんな世界を築こうとは思わないが
微力でも何かを行動しなければ

自分の家の子供の幸せを考えるのは当然
隣の家の子供の幸せを考えるのは必要なこと
周囲の子供達の幸せを考えるのも必要なこと
自分の家だけが幸せならいい人が周囲には多すぎる

夜中のギターの音がうるさいとか、猫が飛び出したとか周囲からは冷たい視線で見られながら生活している、うちの家族w
それぞれ、自分達の不注意で起こしたことなので、反省しているし、申し訳ないと思っている
しかし、同じ建物の中で生活する以上、迷惑をかけないように注意して生活しても、思いもかけないところで迷惑をかけているのではないだろうか

自分達だけがよければいいという感性が垣間見えてイライラする
決して逆切れではない、反省しているし同じことは二度としていない

日本はつまんない国になってしまったものだと嘆きたくなるのはわたしだけか
隣の家から聞こえてきたピアノの音、お母さんが叱る声、犬の鳴き声
夕飯のおかずの匂いが漂ってきたり
いたずらをして近所のおじさんや、おばさんにおこられたり
もう、見られない光景なのだろうか

プライバシーがどうこう言って隣近所の付き合いがなくなってしまった結果変な事件が増えていないのか
マスコミは三浦和義のおっかけにお金を費やしてないで、もっと大事なことを取材したらいいのに

さて、自分に何ができるかをもう一度考え直してこよう、旅先で
[PR]

by noriko.f | 2008-03-04 13:16 | つぶやき  

有言実行

有言実行できるようでなかなか難しい
これをちゃんとやる人は信用できるので長い付き合いになる

レッスン会場のカレンダーに格言が書かれている
お年寄りが好きそうな、和風のカレンダー

1月の格言

始めることも止めることも容易い
継続することは困難である

というような内容のもの
その通り

有言実行ができないことも、カレンダーの格言も自分に甘いとできないことかもしれない
言い訳をするのは嫌い
言い訳を聞くのも嫌い
できない約束はしないことだ
成し遂げられなくても最低限、そのことに対して最大限の努力をしたかどうかが大事だ

そこのモテモテのあなた、できない約束をしていませんか?w

いやいや、そうじゃなくて…w
このブログの内容はそんなくだらないことを問うものではない
大事なことを有言実行しようというもの
そもそも大事なものを見失っていては元も子もないけど
[PR]

by noriko.f | 2008-01-17 00:13 | つぶやき  

あなたの幸せは何ですか?

昨晩か一昨日かよく覚えていないのだけど、BSの番組だったと思う
アフリカの子供についてのドキュメンタリー番組観ていた

アフリカ…ケニアの辺りだったと思う
原住民の女性は、100年くらい前には無かった文化が社会を子供達を苦しめていると言う
読み書きすること、外国人との交流、文明の産物などなど

ヨーロッパの学者のような男性は、読み書きをはじめとした教育を徹底することが、子供から労働を遠ざけるために必要だと言う
貧しさから離れた子供は自分の子供貧しさに追い込まないのだとか

どちらがいいのかはよくわからない

教育が必要なのか、必要じゃないのか

読み書きを必要としない彼らの文化であるならば、教育を押し付けることはできないだろう
でも、100年前と現在とは社会の成り立ちが異なるのであれば、教育が必要なのかもしれない

その番組は途中で観るのをやめた

子供の幸せを考えるのは大人の責任だ
親だけが考えればいいのか、それは間違いだ
周りの大人が、教育者が、親が、兄弟が、全ての大人が考えて行動しなければならない
ミートホープとか、嘘つきでずるい大人が金儲けしてるのを子供がテレビで見ている
悪代官みたいなおっさんが本当にいるんだってがっかりしている
でも、水戸黄門はいない、遠山の金さんもいない
切腹するとかしないとか、頭の悪い大人がテレビで言っている
このダサい大人のイメージを打破しよう

深夜のコンビにに乳児や幼児を連れて買い物に来る母親
深夜のファミレスや居酒屋においても同じ光景を目の当たりにする
子供が夜寝なかったら、成長に支障をきたすよ
薄っぺらな欲望を満たす生き方を変えなければならない人たちが多すぎる

「最近、みな正義をもとめている、このままじゃいけないと感じている」
こんな意味合いの記事を新聞・雑誌やネット上で見かける
清く正しく生きていく必要は無いが、大人がしっかりする必要がある

ここまで書いてちょっと勢いがなくなったというか、力尽きたというか…

さて、今日は土曜日のイベントに向けてのリハ
リハ中は「うわーこれで本番大丈夫?」って不安に思うくらいだったけど、MDの録音聞いたらなかなかだった
あれ?自己満足?
いやいや、確認したらちゃんとできていたってこと
来てくれた人に楽しんでもらえるように全力でいこう!

もう、今の自分にとってその時間とても大事で、必要で、満たされる
これがわたしの幸せ
誰かが楽しんで笑ってくれたらもっと幸せ

あなたの幸せって何ですか?
薄っぺらい欲望を満たすことが中心になっていたら要注意ですよ(笑)
[PR]

by noriko.f | 2007-10-26 01:17 | つぶやき  

個人的感情とやるべきこと

個人的な感情とやるべきことは違う

やるべきこと、やりたいことは何なのか

そのためにどう取り組むのか

それだけを考えて遂行すればいいはず

いろいろと屁理屈を言っているうちは気持ちが固まってないだけだ

必要だけれど、うまくいかないとき断ち切る勇気も必要なのだろうか

それについては自分に自信がないこともあり、迷いも葛藤もある

だけれど、最後には一人になっても逃げられない状況もあるであろう

約束というのはそういうものではないだろうか

逃げない、裏切らない覚悟が必要

思うに、理由をつけて逃げたがるのは男性の方ではないだろうか

女の人は逃げないけれど、根に持つから厄介なだけだ
[PR]

by noriko.f | 2007-08-20 19:48 | つぶやき