<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

万年筆

お手軽万年筆
yutakaさんのブログに載っていた万年筆、同じものを購入してしまいました(笑)

a0028424_252853.jpg


初めて万年筆を使ったのは中学生の時。
確かSAILORだったと思うけど、プラスティック製でカラフルなデザインの万年筆が流行ったころ。クラスの女子に人気がありました。友達と交換日記を書くときくらいしか使わなかったのですが。
1,000円前後だったと思うけど、父に「子供の癖に万年筆なんて生意気…」とかなんとか言われたような記憶が…。
現物を見て値段を知り、おもちゃって言っていました。
父の万年筆は大人の男の渋みを感じさせるものでしたから。

話はそれましたが、今回購入したのはOHTOというメーカーのもの。
書きやすくて、重すぎず、手に持った感じもなかなかいいです。
お値段もお手ごろで、1,500円。でも、見た目はしっかり。
なんか、嬉しくて、ここ数日はスケジュール帳に細かいことまでびっしりと書いています。
日頃から細かいことまで書いておくべきなのですけど…。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-30 02:06 | うれしいこと  

肉球

肉球。
a0028424_15475060.jpg


甘えのポーズ
a0028424_15503237.jpg


やられたぁ…。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-23 15:48 | Real y Ten  

6月21日の夕焼け

レッスン前の夕焼け。
ピンク、肌色、ブルー、パープル…いろいろな色が混ざった
少し怪しげな空の色でした。
a0028424_10273929.jpg

[PR]

by noriko.f | 2005-06-21 10:27 | 今日の夕焼け  

踊ること

サルサ教室にいらっしゃる方、いろんな人がいます。
クラブで踊れるようになりたい。
身体を動かすことが好き。
踊ることが好き。
今よりもっと上手になりたい。

一つ目は誰でも出来ること。
2〜3ヶ月くらいレッスンを受ければできてしまうこと。

二つ目以降は継続が必要。
何処で何をどのように教えてもらうか、導かれるかが重要になってくる。

何かを発見してもらえる、気付いてもらえる、そんな教室にしていこうという気持ちで接しています。
お話しする時間を増やしていこう。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-19 13:20 | SALSA  

野良にゃんこ

東綾瀬公園のにゃんこ達。

水辺でまったりする子達。
a0028424_1193023.jpg

黒い子は携帯カメラを向けたら警戒していた。
追いかけたら、学校の中へひょいっと入ってしまった。
こっちを向いてくれたから1枚撮らせてもらったよ。
a0028424_1195720.jpg

黒い子は右の後ろ足を怪我している様。
野良猫が増えると結局、怪我したり、事故で死んでしまったりだ。

にゃんこ達がたむろする辺りは紫陽花やパンジーなどが咲いている。
a0028424_11121544.jpg

パンジーの後ろにはこんな看板が…
a0028424_11124357.jpg

[PR]

by noriko.f | 2005-06-15 11:13 | 綾瀬  

マルレーンクラス

14日から始まったマルレーンさんのクラスに参加した。
塩田先生の生徒以外に、よりちゃんのクラスの生徒さん達、浦和から来ている人、たくさんいて会場が狭いくらいだった。
内容はちょっと想像と違っていたけれど、とても楽しかった。
時間が経つのが早かった。
塩田先生以外の先生にダンスを習うのは、塩田クラスに参加して初めてのこと。
でも、ルーツは同じなので、違和感なし。
汗をかく、動く、楽しい。

マルレーンさんの肉体は、骨格、筋がきれい。
ダンサーのからだなのだ。
もっと鍛えようっと。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-15 03:20 | SALSA  

綾瀬クラス

昨日は綾瀬でレッスンでした。
レギュラーメンバーは全員欠席でしたが、初参加の方が数名いらしてくださいました。
もう少し汗をかけるレッスンにしたいところです。
慣れてきてくれたら、ペースをあげるということで…。
サルサを踊るのははじめて…という方もいらしたけれど、リズムはずすこともあまりなく、いい感じ。定着してくれると上達が早いのだけど、みなさんお仕事帰りだから大変かな。
なんとかもうちょっとまとまりのあるクラスにしていきたいところ。
ホールは広くて大きな鏡付きなのだから。

おととい辺りから風邪をひき、喉が痛かったのですが今朝はもう声がガラガラ。
今日は誰とも電話で話したくない。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-14 11:58 | SALSA  

父の夢

亡くなった父の夢を見る回数が増えている。
そんなに頻繁にではないにせよ、今までは年に1回くらいだったのが、
最近では1〜2ヶ月に一度夢に出てくるようになった。
色々な状況があって、夢占いの本を見ても判断が出来ないことが多いのだけれど、
自分の前にある課題や超えなければならない何かが意識となっていることが多いらしい。
でも、父親を身近に感じることができて、なんとなく嬉しいような複雑な気持ち。
精神的なことが影響しているとは思うけれど、お墓参りに行っていないということも
そんな夢をみる要因の一つかも。
少し落ち着いている今のうちに行ってこよう。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-08 01:31 |  

紫陽花と野良猫

家の前の公園。
紫陽花がだんだんと色づいてきました。
梅雨時はじめじめ、蒸し暑くて過ごしにくいけど、公園で紫陽花を眺めていると
うっとおしいはずの梅雨も少し楽しくなるはず…
a0028424_20381542.jpg

野良猫たちがうたた寝をしているところを撮影しようとしたら、
警戒されて隠れられてしまいました。
追いかけて撮影。
a0028424_20383828.jpg

紫陽花の木の下に隠れた茶トラ。
a0028424_2039191.jpg

餌を与えに来る人が多く、複雑な気持ちです。
無責任に餌を与えている人たちって、何を考えているのだろう。
名前を付けている人がいるらしいという情報もあり。
名前を付けて餌をあげに来るだけでは何も解決しないというのに。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-07 20:39 | つぶやき  

季節感

こういうのいいね。
季節感を感じる事って、都会で生活しているとどんどんなくなるから。
真美が中学受験の時、塾の先生が言っていた。
「最近は外で遊ぶ子供が少ない。本来、理科の勉強は遊びの中で体験できたことばかり。例えば、虫取りをしながら昆虫の生息状態を目の当たりにするとか、季節の草花に触れるとか、蛙の卵を見つけて毎日見ていることが観察だったり。教科書の中でだけでは実体験がないので理解するのに時間がかかってしまう。外での遊びや、登下校の寄り道で経験することが大切。」と。
勉強と結びつけなくても、自然と触れて他の動植物を理解していくことは成長過程にはとっても大切なこと。

ゆかさんのブログにはいつも季節感溢れる写真がたくさんあって癒されます。

子供達にこういうことに気付かせる、この花が咲いたからもうすぐ春だなぁとか、梅雨だなぁとか、そういうことを教えていける大人でなければ…ね。

幸い、今の家は公園の前なので、季節感を身近に感じることが出来ます。
庭はないけど、家の前にある木を見て、いろいろ話をしています。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-06 18:10 | うれしいこと