<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

雑貨屋さんでの演奏

北砂にあるアジアンテイストたっぷりの雑貨屋さん「結」にて演奏してきました。
あいにくのお天気でお客さん来るかなぁ・・・と心配でしたが、ご近所の皆さんが聴きにきてくれました。
小さなお子さん達も何人かいたので、途中で動揺を歌ったり、のんびりとした日曜日の午後という空間になりました。

小学生の女の子は、少し照れ屋さんだったけど、動揺よりも日本語の歌詞をあてた「OLVID」が気に入ってくれたようで、一緒に口ずさんでくれていました。
演奏することや歌うことに少し興味を持ってくれたらいいなぁと思ったりしてました。

雨の中わざわざ来てくれたみなさん、ふらりと買い物に寄って耳を傾けてくれた皆さんありがとうございました。

来月(7月27日日曜日)も演奏することになりました。
さらに新曲を増やして頑張ります!
[PR]

by noriko.f | 2008-06-29 00:25 | La musica cubana  

Mojito

第2回Mojitoパーティーを行いました。
理恵ちゃん宅で栽培したミントをふんだんに使ったMojitoは本場Cuba顔負けの美味しさ!
一人一品持ち寄った手作りおつまみはどれも絶品!
美味しいMojitoと美味しい食事でお腹いっぱいになりながら、ルンバのDVDを鑑賞しました。

楽しい時間を過ごし、心地よく酔いました。
(ここで、お料理の写真を撮っておけばよかったのに、空腹でみんな一斉に食べてしまい残念でした!)

こういう手作り感のパーティーって日常の疲れた心をほぐすよい時間なのだと感じました。
お店に踊りに行ったりするのもいいのだけど、手料理や自家製Mojitoで家のリビングで盛り上がる時間も大切ですね。
もう少し早めに始められたら、演奏も少しはできたんだろうけど、ご近所への配慮ということで自粛しましたw
この窮屈感が日本のというか、東京の集合住宅の辛いところです。

これは第二弾も是非やりたいものですね。

屋外で手作りおつまみとMojitoのパーティー。
気候の良いこの時期限定の大人の遊びです。
一緒に集まれる人達と素敵な時間を過ごせるのを楽しみに。
さて、そのためには日々真面目に生活して、時間を調整しなければ。
楽しいことのため、頑張ります!
[PR]

by noriko.f | 2008-06-28 00:28 | CUBAキューバ  

気持ちいいこと

今日はピアノのレッスンでした。
えーと久々に、1ヶ月ぶりくらいかな。
復習はそこそこしましたが、なーんだかしっくり来ない感じ。
そんなに難しいことはしていないけど、リズムがあってるんだかあってないんだかわからない。
合ってないかもしれないと思う時点で間違ってるんだな、きっと。
自分のカンは信じた方がいいみたいだよ。

で、案の定自己練はダメだったみたいで、直されたらうまくいきました。

でも、なんかリズムがしっくりくると、弾いていて気持ちよいのですよ。
たいしたことは弾いてないけど、リズムが合っているという気持ちよさ。
歌っていても、ギターでも、トレスでも、打楽器でもあるでしょう、あれよあれ。
あれがピアノで感じられたことが嬉しかったな。
ま、まだそんなアマチャンですが、頑張りますよ。

あー、トレスも忘れないうちに復習しなくちゃ。
[PR]

by noriko.f | 2008-06-25 01:22 | La musica cubana  

メレンゲは売り切れ

CDをまとめて購入してみた

最近はソンのCDばかり聴いていて、サルサのCDを買っていなかったので

DLG:
ヒューイの熱い歌声はもう聴けないけれど、女性ヴォーカルを迎えてのアルバムは濃厚なサルサ。少しレゲトンテイストもあるけど。

KLIMAX:
これ、レッスンでは使えないなw

LOS VAN VAN:
持っていなかったCDを買ったけど、ベスト盤かな?古い曲が入っていたりする。

Yoruba Andabo(ルンバのDVD):
密度の濃い内容ですっごく嬉しくなった!
大音量で見聞きしていると、インターホンが鳴った
「ガスの検針です」という声が聞こえる
しまった!ボリュースも下げるの忘れていたので、太鼓の音とか、ルンバの歌が聞こえてしまったに違いない
午前中からルンバが聞こえてくる家、この近所ではうちとふくだちんさんくらいでしょうw
怪しい宗教でもやっている?と勘違いされそうだ

サルサのCDで大分テンションが上がった
楽しいものは楽しい!
しかし、CDで楽しめる音楽はライブでもCDを聴いたときと感動が変わらないと感じるのは私だけではないはずだ
ライブでの音質がCDと同じくらい正確なのはキューバ人ミュージシャンのレベルがものすごく高いからなんだけど、正確なリズムと熱い歌と、てんこ盛りなサウンドはCDを大音量で聴いても再現できちゃうんだよなぁ

なんか、ここの部分が上手く表現できなくて困ってますが、
ライブでもCDと同じくらいのクオリティで演奏してるのが凄いことなんですが、ソンだとCDとライブの差が凄くある感じがするんですよ。
CDでは感じられなかったグルーブ感とか、その場じゃないとつかみ取れないものがあったりするのです。
ルンバもCDで聴いているだけだと、飽きたりするし、いまいち面白みが伝わらないのだけど、生で演奏しているのを見聞きすると面白くて、感動するのです。
とにかく、CDよりライブがいいミュージシャンは世界共通で素晴らしいです!

ソンとかルンバはライブにはかなわない
そんなことを再認識した今日の午前中だった

興味ある人
http://www.latin-ongaku.net/
探せます、視聴できます
[PR]

by noriko.f | 2008-06-17 16:08 | La musica cubana  

良いことをしたという意識

Excite エキサイト : 社会ニュース

20年前の夏に世の中を震撼させるような事件を起こした犯人の死刑が執行されたらしい。
死刑に反対する人や、彼の犯した罪は死刑では重すぎるというような意見があるらしいが、人の子供を誘拐して、いたずらして、殺して、ビデオまで撮って、中には遺体を燃やしたり骨を親御さんに送りつけたりして、裁判では謝罪の言葉もなく、死刑の不当性を訴え、良いことをしたなどと言っている犯罪者は死刑を執行されても仕方ないのではないだろうか。

自分の娘が同じ目にあっても死刑は残酷だと言えるのだろうか。
自分自身の手で殺してしまいたいと考えるくらい憎むだろう。

精神的に病気なことと殺人を犯すことは別の問題なので、なぜ一緒にするのか。
全く意味が分からない。
この男の犠牲になってしまった娘さん達の親御さんはどうされているのだろうか。
そして、今日のニュースを見てどう感じたのだろうか。

娘を持つ親にとってこんな残虐なことはない。
自分が身代わりになって殺される方がましだと思うかもしれない。
死刑という判決が下っても、死刑が執行されても、亡くなったという事実は変えられず、娘さんは戻ってこない。
母の位牌に線香をあげる時、亡くなった被害者の娘さん達にも線香をあげることにした。

と、ここまで書いていて、ふと「人気のキーワード」に目がいってしまった。
これを見ていると、日本は平和ぼけなどという状況ではないなと思ってしまう。
なにも考えてないか、自分のことだけ考えている人が多いんだろうな。
現代が本当に平和な時代だと思っている人がどれくらいいるのか知りたいものだ。
[PR]

by noriko.f | 2008-06-17 15:51 | つぶやき  

情けない話

自分を含め、人間というのは事実を指摘されると怒ったりすることが多い

賢い人はいちいち怒らず、事実を受け止めることができる

少し賢い人は、後に気付き、理解できる

普通の人は、怒ったりして、後に気付いて修復する

賢くない人は、怒って理解できず終わり

最悪なパターンは、怒ったまま二度と姿を現さない

自分の欠点、足りないところ、指摘されるうち、指摘してくれるひとがいるうちはいい

それをうっとおしいと思っていてはまだまだ子供

最悪なのは誰も忠告してくれなくなった時

もう手の施しようがなくなったときだ

それに気付くか気付かないかは自分次第
[PR]

by noriko.f | 2008-06-09 02:11 | つぶやき