<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

キューバ学校 第2回 『キューバ革命をどう捉えるか』

いよいよ第2回が開催されます。
興味深いイベントなので、詳細を転載します。 (転載の承認を得ています)



キューバ学校 第2回 『キューバ革命をどう捉えるか』

セミナー『キューバ学校』

2008年末から09年初頭にかけて、キューバが革命50周年を迎えます。カストロやゲバラなど、現代世界を語るうえで欠かせない人物も生み出したキューバ革命とは、何だったのでしょうか。
ビデオ上映、詩の朗読、絵画作品の展示、DJの案内による音楽鑑賞など、多面的なプログラムをお届けする予定です。
〜〜〜〜〜

第2回 『キューバ革命をどう捉えるか』
今回は、三人の論客を迎え、キューバ革命の意義を問い直します。

討論者:越川芳明(明大教授)
    波津博明(元読売新聞記者)
    太田昌国(編集者)

日時 2008年7月18日(金)夜7時〜9時
場所 代官山 ヒルサイドカフェ(ヒルサイドテラスF棟1F)
●東急東横線/代官山駅下車徒歩5分●東急東横線・地下鉄日比谷線/中目黒駅下車徒歩5分●JR山手線・地下鉄日比谷線恵比寿駅下車徒歩10分
MAP http://www.hillsideterrace.com/access/index.html

参加費 1000円(1ドリンク付き)

キューバネットワーク http://cubanet.jp/
現代企画室 http://www.jca.apc.org/gendai/

予約&問合せ:キューバネットワーク mailto:cuba_net@cyber.ocn.ne.jp


出演者プロフィール

越川芳明 
明治大学教授(現代アメリカ文学)。米墨国境地帯を精力的にフィールドワークして、ラテンアメリカの視線から「アメリカ」を読解する。著書に『トウガラシのちいさな旅』(白水社)、『ギターを抱いた渡り鳥』(思潮社)など。

波津博明
札幌生まれ。1987—90年、読売新聞リオデジャネイロ特派員として、ラテンアメリカ全域を取材。その後ローマ支局、解説部などを経て、2006年大妻女子大学教員。関心分野はほかにSF、イタリア音楽など。

太田昌国
編集者、民族問題研究。29歳からの数年間をラテンアメリカ各地に暮らす。キューバ訪問は92年の一度のみ。著書に『ゲバラを脱神話化する』(現代企画室)、『暴力批判論』(太田出版)、『「拉致」異論』(河出文庫)など。
[PR]

by noriko.f | 2008-07-07 17:47 | CUBAキューバ  

Pancho Amat

7月4日(金)北松戸にあるSalsa Bar CUBAにて行われたパンチョ・アマートのライブに行ってきました!

ここ数年毎年来日していて、ホテルのガーデンでの演奏ではおなじみだったけど、狭い箱での演奏がなんともサンティアゴ・デ・クーバ(以降:サンティアゴ)を思い出させる熱い演奏でした。

これからライブを聴きに行く人もいると思われるので、ネタばれはしないでおきます。

今回はトレス奏者のパンチョさんが立って演奏していたこともあり、ソロでは盛り上がりました。
表情が以前と全く違うので、健康状態が良かったのだと思われます。

キューバン・カフェでのライブへも行く予定です。

キューバ音楽のライブでは、いつも音楽の持つ力を感じます。
それは、サンティアゴでも常に感じさせられました。
日本へ来るキューバ人ミュージシャンの演奏を聴いていてもそうです。
キューバ人として、ミュージシャンとしてのアイデンティティはもちろん、絶対的な自信と誇りを持っていて、熱い心で演奏しています。
彼らを取り巻く様々な環境がそうさせているのかもしれませんが、頭の先から足の先まで全身で音楽を奏で楽しんでいるからこそ、こちらも楽しくなるのではないでしょうか。

テクニカルな部分は言うまでもなく、世界レベルでかなり高いところにいます。そんな人達が熱い心を持ってプレイするので無敵な感じさえします。

ソンという音楽はサルサの素になった音楽と言われています。
とても魅力のある音楽の一つであることは間違いないと思います。
悲しいことも楽しいことも歌にしてしまうキューバ人の明るさの源なのかもしれません。

わたしはソンという音楽を心から愛しています。
一緒に演奏している仲間と、サルサ教室へ来ているみなさんとこれからも大事に演奏していこうと思います。そう感じさせられた夜でした。

ただ、残念だったことが一つ。
踊りたい気持ちはわかるのですが、プレイヤーの邪魔をしてはいけません。
狭い箱で、みなパンチョサン達の演奏を聴きに、そのプレイする姿を見に来ているのです。
踊りたい人達のダンスを見に来ている訳ではありません。
我こそはと前に出てくる人達を見ていると、六本木で演奏したときのことを思い出し、気分が悪くなります。
お店のオーナーがはけるよう、指示をしていましたが、そのタイミングも遅かった。
ダンスフロアは設けてあったのですが、お店の構造上ライブとダンスフロアが分断されるような感じになっていたこともあり、そんな事が起こってしまったのかもしれません。

以前、ホテルのガーデンでの演奏のときに、パンチョさんが知人に語っていました。
「踊ってくれる人がいるのは、演奏者として嬉しい事だが、演奏者と聞き手を遮断してはけないよ」というような事を話してくれたと思います。

そう、自分が目立つ事だけを考えていては、大人として恥ずかしい事なのです。
[PR]

by noriko.f | 2008-07-04 17:21 | La musica cubana