12月21日(日)イベント開催!

何かと忙しくなる年末ですが、忙しさも寒さも忘れて踊りませんか?
というわけで、サルサイベントを開催します!

日時:2008年12月21日(日) 17:30開場 18:00スタート
場所:足立区綾瀬1-39-4 カフェ・カリベーニャ
http://r.gnavi.co.jp/e146600/
電話:03-3604-8192
料金:3000円(ワンドリンク、フード付き)
※ビュッフェスタイルですが、フードを用意する都合上、事前の予約をお願いします。

ミニレッスン、ダンスパフォーマンス、ライブと盛りだくさん!
わいわい盛り上がりましょう!
[PR]

# by noriko.f | 2008-11-18 15:26 | SALSA  

9月のレッスンスケジュール

9月のレッスンスケジュールは以下の通りです

9月2日火曜日入門クラス19:00〜ビギナークラス20:10〜
9月9日火曜日入門クラス19:00〜ビギナークラス20:10〜
9月16日火曜日入門クラス19:00〜ビギナークラス20:10〜
9月27日土曜日入門クラス13:00〜ビギナークラス14:10〜
9月30日火曜日入門クラス19:00〜ビギナークラス20:10〜

会場:Cafe Caribena(カフェ・カリベーニャ)
住所:足立区綾瀬1-39-4桂昇綾瀬西口ビル 2F


瞬間集中豪雨が続いていますが、変わりやすいお天気に気をつけて行動してください。
水害事故も多くなっていますね。
用心にこした事は無いようです。
[PR]

# by noriko.f | 2008-08-31 11:37 | SALSA  

夏も終わり

日曜日にけんちゃんの家でお互いにCUBA旅行で録画してきたビデオを観た
側でしょうた君がつかまり立ちをしながらとうもろこしを食べていた
子供の成長と時間が経つのは早いものだなとかぼんやり考える
そしていつもながらしょうた君の存在に癒されている自分がいた


今年は3月にCUBAで海水浴
子供みたいだけど、カリブ海で泳ぐことができたのが嬉しかった
そして、サルサ教室のみなさんとも逗子海岸で泳いだ
「夏の思いで」の行事みたいで、小学生の頃に行った海水浴の時と同じような気持ち


ここ数日、スコールのような夕立が降っている
雷も凄い勢いで落ちている
少し亜熱帯化しているのか
日中はアスファルトに囲まれた都内の道路で陽炎が揺らいでいる


パソコンが故障
iMacに続きVAIOもご機嫌斜めになってしまった
買った時期が近いので順番に故障していくのは仕方ないかも


複数のパソコンがあると修理をするのも簡単
元気なパソコンを使って、ネット上での情報収集ができるから、適切な処置ができる


さて、お店の準備も大詰めになってきた
スタッフは決まった
諸々の研修等のスケジュールも決まった
申請の準備も順調に進んでいる


ぬかりなくやっていても、実際には何かが抜けたりしているのだろう
問題は抜けが発覚した時の対処法だ


本音を言うとCUBA旅行の前よりも緊張している
心地よい空間作りを目指し頑張ろう
[PR]

# by noriko.f | 2008-08-21 23:56 | つぶやき  

8月のレッスンスケジュール

暑中お見舞い申し上げます。
真夏日の記録が3週間くらい続いているようですね。
夏バテなどしていませんか?

さて8月のレッスンスケジュールは以下の通りです。

1日(金曜日) 入門クラス18:30〜 ビギナークラス19:45〜 子育て支援センター
5日(火曜日) 入門クラス19:00〜 ビギナークラス20:10〜 山崎自動車3F
9日(土曜日) 入門クラス18:30〜 ビギナークラス19:45〜 子育て支援センター
19日(火曜日)  入門クラス19:00〜 ビギナークラス20:10〜 山崎自動車3F
23日(土曜日) 入門クラス18:30〜 ビギナークラス19:45〜 子育て支援センター
26日(火曜日)  入門クラス19:00〜 ビギナークラス20:10〜 山崎自動車3F
29日(金曜日) 入門クラス18:30〜 ビギナークラス19:45〜 子育て支援センター

サルサもソンも暑いこの季節がいい感じです。

今朝方、CUBAへ旅行するのに、支度が終わっていなくて搭乗時間寸前まで家でバタバタしているという変な夢を見ました。
疲れているんだろうか・・・
[PR]

# by noriko.f | 2008-08-09 09:58 | SALSA  

キューバ学校 第2回 『キューバ革命をどう捉えるか』

いよいよ第2回が開催されます。
興味深いイベントなので、詳細を転載します。 (転載の承認を得ています)



キューバ学校 第2回 『キューバ革命をどう捉えるか』

セミナー『キューバ学校』

2008年末から09年初頭にかけて、キューバが革命50周年を迎えます。カストロやゲバラなど、現代世界を語るうえで欠かせない人物も生み出したキューバ革命とは、何だったのでしょうか。
ビデオ上映、詩の朗読、絵画作品の展示、DJの案内による音楽鑑賞など、多面的なプログラムをお届けする予定です。
〜〜〜〜〜

第2回 『キューバ革命をどう捉えるか』
今回は、三人の論客を迎え、キューバ革命の意義を問い直します。

討論者:越川芳明(明大教授)
    波津博明(元読売新聞記者)
    太田昌国(編集者)

日時 2008年7月18日(金)夜7時〜9時
場所 代官山 ヒルサイドカフェ(ヒルサイドテラスF棟1F)
●東急東横線/代官山駅下車徒歩5分●東急東横線・地下鉄日比谷線/中目黒駅下車徒歩5分●JR山手線・地下鉄日比谷線恵比寿駅下車徒歩10分
MAP http://www.hillsideterrace.com/access/index.html

参加費 1000円(1ドリンク付き)

キューバネットワーク http://cubanet.jp/
現代企画室 http://www.jca.apc.org/gendai/

予約&問合せ:キューバネットワーク mailto:cuba_net@cyber.ocn.ne.jp


出演者プロフィール

越川芳明 
明治大学教授(現代アメリカ文学)。米墨国境地帯を精力的にフィールドワークして、ラテンアメリカの視線から「アメリカ」を読解する。著書に『トウガラシのちいさな旅』(白水社)、『ギターを抱いた渡り鳥』(思潮社)など。

波津博明
札幌生まれ。1987—90年、読売新聞リオデジャネイロ特派員として、ラテンアメリカ全域を取材。その後ローマ支局、解説部などを経て、2006年大妻女子大学教員。関心分野はほかにSF、イタリア音楽など。

太田昌国
編集者、民族問題研究。29歳からの数年間をラテンアメリカ各地に暮らす。キューバ訪問は92年の一度のみ。著書に『ゲバラを脱神話化する』(現代企画室)、『暴力批判論』(太田出版)、『「拉致」異論』(河出文庫)など。
[PR]

# by noriko.f | 2008-07-07 17:47 | CUBAキューバ