Pancho Amat

7月4日(金)北松戸にあるSalsa Bar CUBAにて行われたパンチョ・アマートのライブに行ってきました!

ここ数年毎年来日していて、ホテルのガーデンでの演奏ではおなじみだったけど、狭い箱での演奏がなんともサンティアゴ・デ・クーバ(以降:サンティアゴ)を思い出させる熱い演奏でした。

これからライブを聴きに行く人もいると思われるので、ネタばれはしないでおきます。

今回はトレス奏者のパンチョさんが立って演奏していたこともあり、ソロでは盛り上がりました。
表情が以前と全く違うので、健康状態が良かったのだと思われます。

キューバン・カフェでのライブへも行く予定です。

キューバ音楽のライブでは、いつも音楽の持つ力を感じます。
それは、サンティアゴでも常に感じさせられました。
日本へ来るキューバ人ミュージシャンの演奏を聴いていてもそうです。
キューバ人として、ミュージシャンとしてのアイデンティティはもちろん、絶対的な自信と誇りを持っていて、熱い心で演奏しています。
彼らを取り巻く様々な環境がそうさせているのかもしれませんが、頭の先から足の先まで全身で音楽を奏で楽しんでいるからこそ、こちらも楽しくなるのではないでしょうか。

テクニカルな部分は言うまでもなく、世界レベルでかなり高いところにいます。そんな人達が熱い心を持ってプレイするので無敵な感じさえします。

ソンという音楽はサルサの素になった音楽と言われています。
とても魅力のある音楽の一つであることは間違いないと思います。
悲しいことも楽しいことも歌にしてしまうキューバ人の明るさの源なのかもしれません。

わたしはソンという音楽を心から愛しています。
一緒に演奏している仲間と、サルサ教室へ来ているみなさんとこれからも大事に演奏していこうと思います。そう感じさせられた夜でした。

ただ、残念だったことが一つ。
踊りたい気持ちはわかるのですが、プレイヤーの邪魔をしてはいけません。
狭い箱で、みなパンチョサン達の演奏を聴きに、そのプレイする姿を見に来ているのです。
踊りたい人達のダンスを見に来ている訳ではありません。
我こそはと前に出てくる人達を見ていると、六本木で演奏したときのことを思い出し、気分が悪くなります。
お店のオーナーがはけるよう、指示をしていましたが、そのタイミングも遅かった。
ダンスフロアは設けてあったのですが、お店の構造上ライブとダンスフロアが分断されるような感じになっていたこともあり、そんな事が起こってしまったのかもしれません。

以前、ホテルのガーデンでの演奏のときに、パンチョさんが知人に語っていました。
「踊ってくれる人がいるのは、演奏者として嬉しい事だが、演奏者と聞き手を遮断してはけないよ」というような事を話してくれたと思います。

そう、自分が目立つ事だけを考えていては、大人として恥ずかしい事なのです。
[PR]

# by noriko.f | 2008-07-04 17:21 | La musica cubana  

雑貨屋さんでの演奏

北砂にあるアジアンテイストたっぷりの雑貨屋さん「結」にて演奏してきました。
あいにくのお天気でお客さん来るかなぁ・・・と心配でしたが、ご近所の皆さんが聴きにきてくれました。
小さなお子さん達も何人かいたので、途中で動揺を歌ったり、のんびりとした日曜日の午後という空間になりました。

小学生の女の子は、少し照れ屋さんだったけど、動揺よりも日本語の歌詞をあてた「OLVID」が気に入ってくれたようで、一緒に口ずさんでくれていました。
演奏することや歌うことに少し興味を持ってくれたらいいなぁと思ったりしてました。

雨の中わざわざ来てくれたみなさん、ふらりと買い物に寄って耳を傾けてくれた皆さんありがとうございました。

来月(7月27日日曜日)も演奏することになりました。
さらに新曲を増やして頑張ります!
[PR]

# by noriko.f | 2008-06-29 00:25 | La musica cubana  

Mojito

第2回Mojitoパーティーを行いました。
理恵ちゃん宅で栽培したミントをふんだんに使ったMojitoは本場Cuba顔負けの美味しさ!
一人一品持ち寄った手作りおつまみはどれも絶品!
美味しいMojitoと美味しい食事でお腹いっぱいになりながら、ルンバのDVDを鑑賞しました。

楽しい時間を過ごし、心地よく酔いました。
(ここで、お料理の写真を撮っておけばよかったのに、空腹でみんな一斉に食べてしまい残念でした!)

こういう手作り感のパーティーって日常の疲れた心をほぐすよい時間なのだと感じました。
お店に踊りに行ったりするのもいいのだけど、手料理や自家製Mojitoで家のリビングで盛り上がる時間も大切ですね。
もう少し早めに始められたら、演奏も少しはできたんだろうけど、ご近所への配慮ということで自粛しましたw
この窮屈感が日本のというか、東京の集合住宅の辛いところです。

これは第二弾も是非やりたいものですね。

屋外で手作りおつまみとMojitoのパーティー。
気候の良いこの時期限定の大人の遊びです。
一緒に集まれる人達と素敵な時間を過ごせるのを楽しみに。
さて、そのためには日々真面目に生活して、時間を調整しなければ。
楽しいことのため、頑張ります!
[PR]

# by noriko.f | 2008-06-28 00:28 | CUBAキューバ  

気持ちいいこと

今日はピアノのレッスンでした。
えーと久々に、1ヶ月ぶりくらいかな。
復習はそこそこしましたが、なーんだかしっくり来ない感じ。
そんなに難しいことはしていないけど、リズムがあってるんだかあってないんだかわからない。
合ってないかもしれないと思う時点で間違ってるんだな、きっと。
自分のカンは信じた方がいいみたいだよ。

で、案の定自己練はダメだったみたいで、直されたらうまくいきました。

でも、なんかリズムがしっくりくると、弾いていて気持ちよいのですよ。
たいしたことは弾いてないけど、リズムが合っているという気持ちよさ。
歌っていても、ギターでも、トレスでも、打楽器でもあるでしょう、あれよあれ。
あれがピアノで感じられたことが嬉しかったな。
ま、まだそんなアマチャンですが、頑張りますよ。

あー、トレスも忘れないうちに復習しなくちゃ。
[PR]

# by noriko.f | 2008-06-25 01:22 | La musica cubana  

メレンゲは売り切れ

CDをまとめて購入してみた

最近はソンのCDばかり聴いていて、サルサのCDを買っていなかったので

DLG:
ヒューイの熱い歌声はもう聴けないけれど、女性ヴォーカルを迎えてのアルバムは濃厚なサルサ。少しレゲトンテイストもあるけど。

KLIMAX:
これ、レッスンでは使えないなw

LOS VAN VAN:
持っていなかったCDを買ったけど、ベスト盤かな?古い曲が入っていたりする。

Yoruba Andabo(ルンバのDVD):
密度の濃い内容ですっごく嬉しくなった!
大音量で見聞きしていると、インターホンが鳴った
「ガスの検針です」という声が聞こえる
しまった!ボリュースも下げるの忘れていたので、太鼓の音とか、ルンバの歌が聞こえてしまったに違いない
午前中からルンバが聞こえてくる家、この近所ではうちとふくだちんさんくらいでしょうw
怪しい宗教でもやっている?と勘違いされそうだ

サルサのCDで大分テンションが上がった
楽しいものは楽しい!
しかし、CDで楽しめる音楽はライブでもCDを聴いたときと感動が変わらないと感じるのは私だけではないはずだ
ライブでの音質がCDと同じくらい正確なのはキューバ人ミュージシャンのレベルがものすごく高いからなんだけど、正確なリズムと熱い歌と、てんこ盛りなサウンドはCDを大音量で聴いても再現できちゃうんだよなぁ

なんか、ここの部分が上手く表現できなくて困ってますが、
ライブでもCDと同じくらいのクオリティで演奏してるのが凄いことなんですが、ソンだとCDとライブの差が凄くある感じがするんですよ。
CDでは感じられなかったグルーブ感とか、その場じゃないとつかみ取れないものがあったりするのです。
ルンバもCDで聴いているだけだと、飽きたりするし、いまいち面白みが伝わらないのだけど、生で演奏しているのを見聞きすると面白くて、感動するのです。
とにかく、CDよりライブがいいミュージシャンは世界共通で素晴らしいです!

ソンとかルンバはライブにはかなわない
そんなことを再認識した今日の午前中だった

興味ある人
http://www.latin-ongaku.net/
探せます、視聴できます
[PR]

# by noriko.f | 2008-06-17 16:08 | La musica cubana