季節感

こういうのいいね。
季節感を感じる事って、都会で生活しているとどんどんなくなるから。
真美が中学受験の時、塾の先生が言っていた。
「最近は外で遊ぶ子供が少ない。本来、理科の勉強は遊びの中で体験できたことばかり。例えば、虫取りをしながら昆虫の生息状態を目の当たりにするとか、季節の草花に触れるとか、蛙の卵を見つけて毎日見ていることが観察だったり。教科書の中でだけでは実体験がないので理解するのに時間がかかってしまう。外での遊びや、登下校の寄り道で経験することが大切。」と。
勉強と結びつけなくても、自然と触れて他の動植物を理解していくことは成長過程にはとっても大切なこと。

ゆかさんのブログにはいつも季節感溢れる写真がたくさんあって癒されます。

子供達にこういうことに気付かせる、この花が咲いたからもうすぐ春だなぁとか、梅雨だなぁとか、そういうことを教えていける大人でなければ…ね。

幸い、今の家は公園の前なので、季節感を身近に感じることが出来ます。
庭はないけど、家の前にある木を見て、いろいろ話をしています。
[PR]

by noriko.f | 2005-06-06 18:10 | うれしいこと  

<< 紫陽花と野良猫 土曜日のレッスン >>